IR情報

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

株式会社小田原エンジニアリング(以下、当社という。)は、適時な会社情報の開示が健全な資本市場形成の根幹であることを十分に認識し、会社法、金融商品取引法等の関係法令および証券取引所規則等に従って、当社の重要な会社情報を資本市場関係者(投資家・アナリスト等)および報道機関等に対して公平かつ適時適切に開示することに努めるものとします。

2.情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法等の関係法令および証券取引所規則等に従い、適時適切に情報開示を行います。適時開示規則に該当しない場合でも、株主・投資家の皆様に当社を理解いただくために重要あるいは有益であると判断した情報につきましては、可能な範囲で積極的かつ公平に開示します。

3.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報につきましては、東京証券取引所が提供するTDnetへ登録し公開した後、速やかに当サイトに掲載します。適時開示規則に該当しない情報につきましても、当サイトへの掲載等により広く開示します。

4.内部情報管理

当社は、重要情報を適切に管理しインサイダー取引の未然防止を図るための社内規程を定め、役員および社員への周知徹底と理解啓蒙を促進しています。

5.沈黙期間の設定

当社は、決算情報の漏えいを防ぎ公平性を確保するため、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間としています。この期間内は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えております。ただし、沈黙期間中に業績予想との差異が適時開示規則に該当する変動幅となることが明らかになった場合には、適宜情報開示を行います。

6.将来の見通しについて

当社が開示する情報には、決算の業績に関する情報及び将来についての計画や戦略、業績に関する予想及び見通しの記述が含まれております。これらの記述は、当社が現時点で把握可能な情報から判断した見通しや予測であり、その情報の正確性、完全性を保証したり約束したりするものではありません。また、経済動向や業界における競争、市場、諸制度等の変化により大きく見通しが変動する可能性があり、今後予告なしに変更されることがあります。