IR情報

経営目標

中期戦略

当社グループの巻線機事業の分野では、市場占有率のみならず、技術的に当社グループの巻線機がグローバルスタンダードとなり、巻線設備のトップメーカーの地位を確固たるものにすることを目標に、社業に専念してまいります。
また、送風機・住設関連事業の分野では、各ユーザーへの部品供給をメイン事業としてまいりましたが、これまでの基礎技術をベースにした最終製品の製造・販売も視野に入れた事業展開を行ってまいります。更に、中国への生産移管と同時にアジア圏のマーケット開拓を行う事による販路拡大を目標とした事業展開を行ってまいります。
また、これを具体化する企業目標として、研究開発による技術力向上、生産面の効率化追求、分かり易く時代にマッチした社内諸制度の改善などをメイン課題とした中長期計画を展開しております。

経営指標

●連結売上⾼経常利益率 10%以上
●連結株主資本利益率(ROE) 5%

  • 株主および投資家の皆さまにとって魅力ある企業グループを目指します。
  • 利益配当は安定的に継続して行うことを基本としております。
  • 会社法をはじめとした様々な関連法規を遵守致します。

スピーディーな経営

経営目標の実現のため、時代の変化に即応したグローバルな営業活動を展開するとともに、スピーディーな経営を行い、常にお客さまの新たなニーズに応える製品開発に注力し、品質向上と徹底したコストダウン、短納期化に取り組んでおります。

技販一体で、新技術分野を拡大

【技販一体】
当グループは、モーター用巻線設備の開発、設計・製造、販売を一貫して行っております。当社が研究開発の全般を担当し、グループ含め技販一体となっております。
【開発】
お客さまのニーズに応え、他社製品との差別化・オリジナリティー化を図るべく、製品の高付加価値化及びソフト技術・システム技術の開発による非価格競争の強化に積極的に取り組んでまいります。
研究開発活動は、次の2つのものがあります。

●マーケットのニーズをとらえて独自に研究開発するもの
●完全受注生産方式により、個別に研究開発しながら製品化するもの

「環境市場」と「アジア地域」への営業強化

モーター製造業界では、中国を中心とした「アジア地域」の設備投資需要や、世界的な「省エネ・環境関連設備」の需要が見込まれています。特に次世代自動車や省エネ家電の普及などに対する新たな設備投資の需要が期待されており、当グループでも積極的にアプローチをしてまいります